高校中退の方へ

高校中退の方へ
image 昔は勉強が好きで優等生。周りからも勉強のできる子として認められていました。しかし、中学で学校嫌いに。生徒は一人ひとり違うのに、同じ方向を向き、同じやり方で勉強をするのが嫌だったのです。
高校は地元で一番の進学校に入学しましたが、学校は面白くない。結局、入学後3カ月で不登校になり、2回目の1年生の冬に中退。その後、うつ気味、引きこもりになりました。一人暮らしを試してみるも、結局引きこもりからは抜け出せませんでした。しかしある時、就職・進学していく周りを 見て焦りを感じたのです。
「このまま自分はずっとニートなのかな…。」気づけば19歳になっていました。これを契機に、新しい自分になりたいと思い、上京しての大学受験を決意。高卒認定試験専門のサポート塾や大手予備校への通塾、地元に戻っての宅浪…と紆余曲折を経て、21歳で慶應大学、早稲田大学の文学部に合格します。大学入学後は演劇に打ち込み、3年遅れになってけれど就職活動も上手くいって、誰もが知る大手通信企業に内定しました。 このとき、“今の日本には、引きこもり経験者にネガティブな評価をする会社ばかりではないんだ”と安心しました。
勉強をしていた頃に、ドロップアウト経験者へのサポートの少なさを痛感した経験から、「自分と同じ境遇の人を支えたい。そしてドロップアウトしてもやり直せると、身を持って伝えたい。」という思いを持って、あなたに接します。

ページ上部へ戻る